2015年12月23日

冬来たりなば春遠からじ


今現在、私の暮らす津軽に雪はナシ

眩しいワン.jpg


「冬来たりなば春遠からじ」:イギリスの詩人パーシー・シェリーが
1819年に詠んだ詩「西風の賦」(Ode to the West Wind)の
末句にあるものhttp://plaza.rakuten.co.jp/meganebiz/diary/201503040000/



昨日は昼がもっとも短くなるといわれている冬至でしたね。

冬至の日を境に太陽のパワーが復活!
少しずつ日が長くなっていくと思うと
嬉しい気持ちになるから不思議です。


雪景色.jpg

先日 数センチ積もった二度目の雪もすっかり消えた津軽…


厳しい冬はこれからですが、
太陽を意識して春を待つ季節... 嫌いではありません^^




ー ヴィヴァルディ:《四季》"冬"第1楽章 ー





いよいよクリスマスですね!

どうぞ良い年末年始をお過ごしください








         ☕ファンブログ


タグ:津軽
posted by 道端ハッチ at 15:21| 青森 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする